不明な花(7/1追加)

2018年6月上旬、熊取の中家住宅で。
栽培してるものっぽいけれど、なんだろう。

 

18年4月末、米原駅近くで。

1枚と4枚、という感じにバランスが崩れた五弁の花、どうも手元の図鑑にはそれっぽいものが見つからなかった。

2018年4月、公園で。花壇に生えてるけど、育ててるものなのか、手入れが悪くて繁茂した雑草なのか判然としなかった。
よく見かける形の菊なんだけど、なんというものかわからない。
ユリオプスデージーとは葉の形がぜんぜん違う。これの葉はまっすぐ細いのが出てる。

 

2018年3月下旬、りんくうタウンの道端で。

寄れないレンズつけてたのでこの程度が精一杯だった。白い小さな花が散らばっているのが見えて、葉も特徴的に見えるが。

この対生してる葉は別の植物かな。花はまだ開いてないヤブジラミとか?

2018年3月下旬、泉佐野の道端で。

ロボウガラシというのに似た花に見えるが、日陰でかなり小さくしか育ってないんだろうか、全体的に似てるように見えない。

 

2017年12月末、堺の小島漁港、船待神社御旅所で。
場所的にもあまりこまめに手入れはされていないと思うが、野草ではなく植えたものかと思う。

ノースポールやマーガレットとは明らかに葉が違うし、単にイエギクなんだろうか。

 

2017年12月、田尻漁港近くの道端で。一株だけぽつんと咲いていたが、何者だかさっぱりわからない。

※コメント欄より、シロバナマンテマと教えていただきました。なるほど、他のサイトと見比べる限りそのように思えます。12月に咲いちゃってるとは。

 

2017年11月末、りんくう公園の花壇。栽培されているものと思う。アザミっぽい花のすぐ下に葉がついてるのが特徴的に思うんだけれど、そういうアザミが見つからない。

 

2017年11月、日根野駅近くの道端。サルビアとかセージとかに見えるけど、どう考えても誰の手も入っていない、住宅かなにかを潰した跡らしい更地で、フェンスの金網に紛れるように咲いていた。雑草なのか、植えたものの生き残りなのか。

※この写真だけでは断言が難しいと思いますが、コメント欄より、イヌハギかなにかでは、とご意見頂いています

 

2017年11月中旬、こんな格好で直立していて、先端に一房だけ小さい花の集まり。アブラナ科かと思ったけどどうも見つからない。なんだろう。りんくう公園の芝生の隅にいた。

 

2017年10月、道端で。長いこと工事やってる敷地のフェンス沿いの荒れたところでした。

花が萎れて潰れていて、あまり形がはっきりせず、どうも判断しづらい。花だけ見るとマツヨイグサかなぁとも思ったんですけども、全体的には違う感じ。
茎が赤くなってるとかの特徴はヒレタゴボウかな、とも思えるんですが、花の形の感じが違う気がするし……

2017年10月、なんばパークスガーデン。

近くにカキツバタと看板が立っていたけれど、別のものの看板だったっぽい。

 

2017年10月上旬、あべのベルタ裏の公園。花壇に生えていたけど多分雑草。
アブラナ科かと思って探ってみて、アキノタネツケバナというのが近いかと思ったけど違いそう。