2017年10月下旬、長居植物園。 ストック、と表示してあったが、アラセイトウ属の総称らしい。品種名まではわからなかった。 春の花らしいのになぜか秋に。なんだか咲き方も景気が悪く見えるが、狂い咲きだろうか? Wikipe […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。観葉植物。 ミニハボタン、と表示してあったが、ハボタンの植える時期とかをコントロールすると小さくなるので、同じもの。 花はあんまりつけるまで育てられないらしいし、また何年も育てると踊り葉 […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。和名だとクササンタンカらしい。 時期的には終わり頃っぽく、いい時期だともっと大きな花のかたまりになってるようだ。色もいろいろ、白もピンクもあった。

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 ノースポール、という表示だったが、それはサカタのタネの商品名らしい。 ちょっと花の時期としては早いみたいで、これから初夏まで長々と花をつけるそう。冬の花だなあ。 全体的にこぢんまりして […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 ゆうに2メートル以上ある、また巨大なススキだな……と思ってたらススキじゃなく、パンパスグラスという表示だった。和名にシロガネヨシ。 なかなか堂々たるものだけど、結構道路の中央分離帯とか […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 花じゃなくて実なんだけれど、なんとも、栗のようなバナナのような実を、そこらじゅうにつけている珍妙な木。でも抗がん作用があるとか、実の多さが生命力を感じさせて中国では縁起がいいとか。 と […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 万葉植物園の一環ということでわざわざ雑草のススキを育ててるのか、と思ったが、タカノハススキは園芸品種らしい。へー。 写ってないけど、葉に横縞の斑が入るのがタカノハススキらしい。 Wik […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 名前は先島諸島由来、鹿児島県西部から沖縄、台湾にかけて分布するとのこと。元々秋から冬にかけて咲くもののようだが、大阪だと寒くなりすぎる気がするな。 Wikipedia

もっと読む »

2017年10月中旬、山間の農地のあぜ道で。 少し薄紫に色づいた小さめの菊がいて、ちょっと可憐。だから嫁菜と名付けられたともいうが、結構駆除が面倒な雑草らしい。 ノコンギクに非常によく似ている上に同じようなところに生える […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 名前通りに10月に咲いているが、4月にも咲く。えー…… なんか花びらが多く見えるから、名前だけで桜じゃないのかな、と思ったけど、ちゃんとバラ科サクラ属。半八重咲きになっちゃってるような […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 台風一過の日に来たら、もう見るからにダリア園がボロボロになっていて、かろうじて見られる状態のものは少しだけだった。 ダリアもやはり色々品種改良されているが、バラ園みたいに詳しく表示はし […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 隣に黄色い花のカンナもあったが、もう咲き終わりかけでボロボロ。こちらのカンナ・アミールはまだしも見られる状態だった。 カンナは古くから栽培されて交配も進んでごちゃごちゃになってるから、 […]

もっと読む »