18年5月上旬、泉佐野市の道端で。 ナズナの類は、種がついてくれないとわかりにくくて困るが、これは種のついた株があって助かる。     3月に見かけた下のやつ、違うものっぽい。なんだろう。 2018年 […]

もっと読む »

2018年4月中旬、泉佐野市の道端で。 水路の中にでかい群れを作って繁茂していた。よくそんなに。 オランダガラシとコバノオランダガラシとがよく似てるらしいけど、区別の決め手が検索でわからなかった。この写真のは葉が細長いよ […]

もっと読む »

2018年4月上旬、りんくう公園の花壇で。 一応このサイトは和名優先ルールなのでトキワマガリバナとしたが、他にトキワナズナと呼ばれていたり、あるいはイベリス・センペルビレンス(センパービレンス)とも。海外だとエヴァーグリ […]

もっと読む »

2017年10月、長居植物園。 ニワナズナといってもぺんぺん草とは随分格好も違うが、花だけ見るとナズナに似てる園芸植物だから、といったネーミングらしい。アリッサムの名前で園芸植物として流通するが、特に白いのをスイートアリ […]

もっと読む »

2018年4月上旬、堺の向陵公園で。 冬場に地面すぐに葉っぱが花か野菜みたいに巻いてるのをよく見るが、ここのは春になって背が伸びて花が咲くまで。 こういうのはハボタンと呼ぶべきなのか。花ボタンでは。 花見るとアブラナ科ら […]

もっと読む »

2018年4月上旬、岡田浦漁港で。 ダイコンの花に見えたのだけど、野生化してるのはハマダイコンと呼んでるらしいのでそれで。(でも遺伝子調べたら結構違ってたらしいが) 見かけたのは確かに漁港なのだけど、舗装道路の隅から出て […]

もっと読む »

2018年3月末、御坊市の農地脇(畑の一部かただの空き地かよくわからなかった)。 ナズナの形で、黄色い花で、楕円形の身をつけてるのはイヌナズナでいいのかと思う。 全体としてはこんなもっさりと。

もっと読む »

[ 2017年10月、長居公園。 今秋だぞ、と思ったけど、秋にもたまに咲くとの話。しかし一年中立ってる木がたまたま気候が合う日が続いて花をつけるならわかるけれども、草だとそれころ芽生えを間違えて変な季節に育って、となる気 […]

もっと読む »

2018年3月初め、泉佐野丘陵緑地にて。 冬場に弱々しく小さく咲いていたのに比べると、大きく元気に咲いている。(冬に見てたのは別の花だったりしないかと気にもなるが) ミチタネツケバナとの区別は、雄しべの数(タネツケバナは […]

もっと読む »

2017年11月初旬、泉佐野丘陵緑地。 黄色い十字の花がついていた。農地跡っぽいところで見かけた。ちょっと遅めに咲いていたかな。 触手みたいなのがいっぱい出ているが、これが果実。 スカシタゴボウというのによく似ていて、間 […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。 ストック、と表示してあったが、アラセイトウ属の総称らしい。品種名まではわからなかった。 春の花らしいのになぜか秋に。なんだか咲き方も景気が悪く見えるが、狂い咲きだろうか? Wikipe […]

もっと読む »

2017年10月下旬、長居植物園。観葉植物。 ミニハボタン、と表示してあったが、ハボタンの植える時期とかをコントロールすると小さくなるので、同じもの。 花はあんまりつけるまで育てられないらしいし、また何年も育てると踊り葉 […]

もっと読む »