ユーザ用ツール

サイト用ツール


f70-210mmf4.5-5.6

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

f70-210mmf4.5-5.6 [2018/12/09 14:40] (現在)
mubouan 作成
ライン 1: ライン 1:
 +====== smc PENTAX-F 70-210mmF4-5.6 ======
  
 +===== 購入 =====
 +
 +2018年12月、大阪駅前ビルのレンタルボックスで、なんか600円で売ってたので。クモリありということだった。
 +
 +1987年発売、古くから隠れEDレンズとして知られている一本で、画質の評価も高い。F4-5.6の暗さは廉価版っぽいけど、もう一段格上のものっぽい。
 +
 +このレンズの発売時点だと、オートフォーカスのボディは一号機のSFXしかない。当然安いボディではないはずで、レンズも廉価クラスでは釣り合わない。
 +
 +1988年になって廉価モデルのSF7が出て、89年にはsmcなしのPENTAX-F 70-200mmF4-5.6が出る。こちらが廉価望遠ズームのはずだ。
 +
 +===== メモ =====
 +
 +暗い3倍望遠ズームで、サイズはそれほど大きくない。重量は555gあってそこそこ重ため。
 +
 +フィルター径Φ49。PENTAXスタンダード。
 +
 +フードは、バヨネット型のものはそもそも取り付けるところがない。ねじ込み式の49mmフードなら適当に使えるはず。
 +
 +クモリの発生は持病らしく、この個体も、レンズを後ろから覗いて光源に当てると、細かな水滴が無数に飛び散ったような面があるのが見える。おそらくグリスの劣化・飛散によるもの。
 +
 +==== 画質 ====
 +
 +クモリがあるはずなんだけど、時々条件によってコントラストが下がるな、という程度の影響しか感じられなかった。どの個体もこんな影響軽微なクモリ方なのかは不明だけど。
 +
 +30年以上前のレンズだけれど、APS-Cで使うと隅まで安定した画質。ボケまできれい。
 +
 +流石に解像度は、2400万画素APS-Cセンサーに対してカリカリにシャープとまでいえないけど、それは80年代のズームレンズに要求するほうが無理だ。開放でもちょっと甘い程度で十分いけるし、1/​3段絞る程度でもシャープに、1段絞ればかなりよくなる。
 +
 +画質だけなら、DA50-200mmやFAJ75-300mmあたりの新しい梅クラスの望遠ズームより上等そう。
 +
 +望遠ズームって、安い梅レンズか、高画質で明るく巨大で重く高価な松レンズか極端になりがち。F70-210mmは竹レンズで、梅より優れた画質がありつつ、松の取り回しの悪さもない、中間的なところ。
 +
 +まあ、現行DAレンズにDA55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR REという立派な竹レンズがあるので、無理にF70-210mmを探して高い値段で買う必要はないけれど。安かったら買い。
 +
 +==== AF ====
 +
 +AFで動くレンズが大きいみたいで、音もうるさいし、なんだか振動する。K-70はボディのAFモーターにパワーがあるからそれなりの速度は出るけど、もう少し前のボディだと遅くなるかも。
 +
 +==== 使用感 ====
 +
 +望遠ズームは長いものが多いから、取り付けるとカメラの重心が前にずれて、ただの重量以上に持ち重りして感じることがある。けれどF70-210mmは短めにまとまっているせいか、それほど重くは感じなかった。
 +
 +ただK-70はボディ側が重いからバランスするだけかもしれず、軽いボディとの組み合わせだと前荷重になるかも。
 +
 +===== blog記事 =====
 +
 +[[http://​mubouan.hatenablog.com/​entry/​2018/​12/​09/​011432|伝説の名玉smc PENTAX-F ZOOM 70-210mm F4-5.6を手に入れた(600円)]]
f70-210mmf4.5-5.6.txt · 最終更新: 2018/12/09 14:40 by mubouan